2018/08/03 iPhoneのApp Storeを米国に変更してアメリカ限定オススメアプリでお得に観光しよう
   
目次

    スマートフォンのアプリを取り扱うApp Storeでは、国によってその中身が異なっていて、アメリカにしかないアプリが数多くあります。
    中には、あなたのロサンゼルス生活を快適にするものも多くあるので、留学生でも観光客でも大いに活用して欲しいところです。今回は日本にいながらでもiPhoneの国の設定を変えて、アメリカ限定のアプリをダウンロードする方法をお教えします。是非あなたのロス滞在を有意義にするアプリの数々をご堪能ください。

    設定は簡単!3分もかかりません

    無料でとてもお得なアプリなのでこちらのローカルではみんな生活で使っているものばかりですが、App Storeが日本のままだとダウンロードできないものがあります。まずは国設定を変えましょう。逆の手順で元に戻すことも出来ますので安心してください。

    ①最初に、App Storeのアプリを立ち上げます。

    ②それぞれのタブのページの右上に丸い円の中に青い人のシルエットがありますが、そちらをクリックします。

    ③アカウントの画面が出てきますので、一番上のご自身のアカウント(Apple ID)  の箇所をタップします。

    ④そうすると、アカウントセッティングの画面が出てきますので、上から三番目の国/地域変更の項目を選択します。ちなみに私のスマホは言語設定を英語にしているので表記が全て英語になっています。

    ④現在、日本になっている方が多いと思いますが、こちらをUnited States(アメリカ合衆国)に変更します。

    ⑤国を変更することで、支払い情報のアップデートを促されますが、こちらは「None」(なし)を選択、名前と請求先の住所が必要ですが、こちらは全て英語で入力する必要があります。

    日本の住所でも大丈夫だと思いますが、こアメリカの住所を使う方が良いでしょう。もともと英語の住所の方が入力が簡単ですからね。宿泊者の方は一時的にイサオハウスのアドレスを使用することができます。

    以上で、iPhoneでのアプリの国変更は終わりです。もう一度アプリの画面に戻るとアメリカ版のApp Storeに変更になっているかと思います。

    アメリカの生活をよくする8つの無料アプリをご紹介いたします

    せっかくアメリカのアプリがインストールできるようになったので、特にオススメのものを紹介いたします。今回はiPhone用のリンクばかりですが、Google storeにもあるものばかりですので、andoroidフォンの方も探してもてください。

    また、日本からでもインストールできるので、アメリカに来てから慌てないように先に準備しておいたほうがよいかもしれません。

    Starbucks

    ご存知、シアトル発の有名コーヒーチェーン店の通称「スタバ」のアプリです。
    こちらのアプリは予め、メンバーシップを登録しておくことで、スマホから事前に注文、バーコードでの決済、コーヒーとお茶おかわり無料、近隣店舗検索など旅行で役立つこと必至の神アプリなのです。

    日本のスターバックスジャパンのアプリとは別物なので、ご注意ください。

     

    Uber, Lyft

    配車サービスの「Uber」(ウーバー)と「Lyft」(リフト)は違う会社なのですが、サービス自体はほぼ同じなので、一緒に紹介させて頂きます。

    日本にも「Uber」が輸入されましたが、サービスが少し異なります。アメリカのこれらの配車サービスは民間人が隙間時間を利用してドライバーとして登録しているので、そこら中に車で流していて、ピックアップ場所を指定するとものの数分で迎えに来てくれます。

    しかも、タクシーに比べてはるかに安く、事前にいくらになるか料金がわかり、登録済みのカードによる決済ですので乗車時にドライバーとの金銭のやりとりがないのが魅力的です。チップの有無も自分で決めれます。

    特に公共交通機関が優れていないロサンゼルスにあって、観光客の方には必需品のアプリかもしれません。お好きな方だけインストールすレバ十分です。

     

    Yelp

    Yelp(イェルプ)は日本の食べログのようなアプリで、近隣のオススメのレストランの情報を気軽に入手することができます。特に初めて利用するレストランで、値段と評判は心配なので、こちらのアプリの評価を参考に検討するのも良いでしょう。

     

    Mercari

    ご存知日本発のサービスであるメルカリですが、アメリカにも進出しました。しかし、アメリカで出品されているものを購入する場合はアメリカバージョンのアプリをインストールしておく必要があります。
    ビンテージ品やアメリカ限定のアイテムがものによってはかなり安いです。

    日本で予め物色して購入することも可能です。当ゲストハウスでは郵便物受け取りのサービスもやっておりますので、送り先の住所をこちらに指定しておくことで、宿泊で来られた際に引き取ることが出来ます。

     

    CraigsList

    クレイグスリストはロサンゼルスであれば誰もが利用すると言っても過言ではないほど、人気のウェブサービスで、ロサンゼルスの人と人をつなぐオンライン上のコミュニティと言ったら良いでしょうか。

    物の売買やルームメイトの募集、生活する上で困ったことなど相談もできます。引越しで中古の家具を探している人や、ビンテージのアイテムもお値打ちで出ていたりするので観光客の方も見逃せません。

     

    GasBuddy

    ロスでは自動車は生活必需品ですが、このガスバディは近隣ガソリンスタンドのガソリンの値段の一覧を出してくれます。

    ここではお店によってかなり値段が違い、場所によっては1ガロンに付き$1以上違うところも珍しくありません。ここアメリカでは生活する上では欠かせないアプリかもしれません。

     

    OfferUp

    オファーアップは、メルカリと少し似ていますが、最大の特徴はオンラインで購入者に発送するところではなく、自宅か待ち合わせ場所で直接取引できる場所です。

    メルカリのようにわざわざ、包んで郵便局まで持っていくのはめんどくさい場合や近くにちょうどよい掘り出し物があれば、直接行ったが良い場合があるのでこれも見逃せないアプリです。

     

    以上、どれも素晴らしい無料のアプリで、観光のチョットした時にでも大いに役立ってくれることは間違い無いので、気になるものは是非インストールしてみてくださいね。

    Related Posts

    Popular Posts