2018/08/06 「蝋人形館に行くな」意外と知らないハリウッドの歩き方
   
目次

    アカデミー賞授賞式会場のドルビーシアターやチャイニーズシアターの手形など、煌びやかなイメージが広がっているハリウッドは有名な観光スポットで連日大勢の観光客で溢れかえっています。
    しかし、一方でガッカリスポットとしても有名で、なぜそうなってしまうのか、またどうすれば十二分にハリウッドを満喫できるかご紹介致しましょう!

    「つまらなかった」観光客が楽しめない理由とは

    恐らく、ロサンゼルスに観光に来る方はほぼ間違いなく行かれるのではないでしょう。そんな観光スポットして有名な「いわゆるハリウッド」は、地下鉄レッドラインのHollywood/Highland駅降りてすぐのハリウッド通り沿いの約300mくらい間隔に劇場や商業施設、そしてお土産屋さんが集中しているエリアのことを言います。

    地面を見ると、一列に有名人やキャラクターの名前が刻まれた星型が一列に並ぶ「ウォークオブフェイム」、そして映画のキャラキャラクターに仮装した人や大道芸人などなかなか人混みに溢れていて、一気にハリウッドにやってきたという実感を与えてくれます。

    しかし、ここハリウッドで皆さんがやることはかなり限られています。

    とりあえず、ドルビーシアターの前まで行ってみたり、チャイニーズシアターの手形の写真を撮影したり、お土産屋さんに入ってみたり….

    本当にそれくらいなのです。

    もしかしたら、30分くらいで飽きてしまうかも知れません。実際、多くの方がハリウッドに来て「ガッカリした」と言っているのを聞きました。

    とりあえず、観光ガイドブックの「ハリウッド」のページを見て、紹介されている有名スポットを一通り行ってみるのですが、どこも大勢の観光客ばかりで、押し込まれるように次から次へと「ここ」を見たら次は「あそこ」を見て、と作業的になってしまいます。

    加えて、そんなに壮大な景色が広がっている訳でもないので、見終わった後に虚無感が残ってしまうのはしょうがない事かも知れません。

    そもそも、旅行ガイドブックは、現地にいる一般の方が記事を寄稿しているケースがあり、中には近くに住んでいるというだけでそのエリアに対して深い見識も愛着もない方が書く情報密度の薄いものもありますので、それだけでは感動するような体験に出会うのは難しいのです。

    そして、つまらなく感じさせているもう一つの原因は、不快な体験をしてしまうことにあるでしょう。ただ、楽しめないだけではなく、嫌な思いをしてしまうのです。

    まず、人混みがロサンゼルスでも圧倒的に多くて、なかなか歩くのも大変です。

    なので、道中のお気に入りに有名人やキャラクターの星型プレートを見つけて写真を撮りたいと思っても、人が多くて落ち着いて撮影を行うことができません。人の往来を遮ってる中で行う撮影はなかなかなのプレッシャーで、「本当はもっとこうやって撮りたかったのに」と思うことが少なくありません。

    せっかくだから、引きのショットで劇場を美しく撮りたいと思っても、政治的メッセージを抱えた集団が劇場の前で居座ってせっかくの写真を台無しにしてしまう。
    またハリウッドサインを撮ろうにも小さくて、よくわからない写真になってしまったなど、ここハリウッドでは限られた楽しみ方の一つである写真撮影が思いの外難しく、不満を残してしまう原因になってしまいます。

    また、観光客をカモにした強引すぎるCD売りつけやひったくりなどの犯罪も少なくありません。

    そんな中、人混みで疲れてもゆっくり休めるようなカフェは近くにはなく、結果何をしに来たかわからないまま帰られている方いるのが現状です。

    観光を台無しにする危険性アリ!ハリウッドでは避けるべきこと

    せっかく格安の航空券とホテルを努力して手に入れても、観光そのものが台無しになってしまったらこれほどの高い買い物はないでしょう。そこでハリウッド観光時に特に気をつけたいことを紹介していきましょう。

    -日本語で話しかけられても無視する
    観光地に非常に多いですが、そうでもないところでも観光客をターゲットにされることが多く、大抵は良い結果を招きません。あちらも日本人の気を引こうとあらゆる手段を講じて来ますが、基本的に日本語でも英語でも話かけられたら無視する方が吉です。

    -遠くに行き過ぎない
    ハリウッドは人が多いのでなかなか勘違いされることが多いのですが、治安はよくありません。観光の方はハリウッド通りをメインに行かれるかと思いますが、西の方でしたら「無印良品」、東まででしたら「スターバックス」の先に行くことは避けた方が良いでしょう。治安もそうなのですが、見所もあまりないので、目的がないのでしたらこれ以上先に行かない方が良いでしょう。

    -荷物は最小限に!バックパックには気をつけよう
    人混みが特にすごいエリアですので、持ち物には特に気をつけた方が良いでしょう。特にバックパックは後ろから狙われやすいですし、「自分は観光客です」と言っているようなものなので、必要がなければ滞在先に置いていくことをお勧めします。

    -マダムタッソーワックスミュージアムには行かない
    好みの問題もあるのですが、わざわざハリウッドに来てまでワックスミュージアムに来る必要はないのではないかと思います。というのも割とどこでもやっているので(今調べたらお台場でもあるようです)、わざわざハリウッドに来てまでお金を使う必要もないでしょう。たまに外にマリリンモンローの人形が外に出て来たりするのですが、それで十分だと思います。
    あと、近くにギネスワールドレコードのミュージアムもありますが、個人的にはお金を払うほどのものではないと感じる展示内容でした。

    -お土産屋さんは見るだけにしておきましょう
    見てる分には楽しいので、ぜひ行ってもらいたいのですが、どれも観光地価格ですのでここでお土産を揃えない方が良いかもしれません。そこらへんのドラッグストアの方がお土産用のチョコなど安く売っていたりするケースが多いです。

    -食事は違うところでとりましょう
    この辺りで食事には期待しない方が良いでしょう。はまともな食事をしようと思うとそれなりに出費がかかります。食事も大事な旅の思い出の一つなので、安く済ませるにも違う場所で食事はとった方が良いです。

    お金をかけずに最もハリウッドを楽しむ方法

    余計なコストをかけずにかけずに最大限に楽しむ方法はズバリ、朝早く一番に行くことです。

    朝早くと言いますとだいたい朝8時くらいまでの時間なのですが、一番のメリットは人が少ないことです。普段なかなか撮れないような人気の星型のところでも好きなだけで撮影を行うことができます。

    あの人気キャラクターも!ウォークオブフェイムの日本人星型で写真を撮ろう

    星型だけでなく、劇場前も空いているので、例えばアカデミー賞会場にもなっているドルビーシアターの人気写真スポットの階段前で他の観光客が映り込むことなく、カッコ良い写真が撮れます。

    人が少ないので、ストレスなく効率的に見たい場所を回ることが出来ます。また、この時間帯はCDを売りつけられることがありません。お店はまだしまっているところが多いですが、特にここでしか購入できないものもないので問題はないでしょう。

    1時間ほどでだいたい効率よく回れるので、例えばユニバーサルスタジオハリウッドに行く予定をしている方は予定の時間より早めに出て、先にハリウッドを回ってから、そのまま地下鉄の駅でユニバーサルスタジオハリウッドの駅まで向かうこと全く無駄がありません。一日でハリウッドとテーマパークに行けてかなりお得な気持ちになります。

    おそらく、大抵の方はこれくらいでハリウッドは十分に満喫できると思いますので、とりあえず雰囲気だけを味わいという方は何時間もかけずに割り切ってしまうことも大事だと思います。
    空いた時間の分、より多くのロサンゼルスの魅力に触れることが出来ますよ。

    もちろん、ハリウッドにはまだまだ知られていない魅力がたくさんありまして、是非とも多くの方に経験してもらいたいものです。当イサオハウスでは現地のフィルムメーカーの協力のもと、ハリウッドの魅力を余すことなく体験し尽くす独自のツアーを用意しておりますので、映画好きの方は是非ご検討ください。

     

    Related Posts

    Popular Posts