2018/08/13 LA究極インスタ映えスポット!グランドセントラルマーケットで最高の朝食体験【タコス・エッグスラット】
   
目次

    観光の楽しみでもあり、一方で悩みのタネにもなりがちな食事ですが、そんな悩みを解消してくれそうな人気のスポットがダウンタウンに出来たということなので遊びに行って来ました。是非ご覧ください。

    ダウンタウンの最近アツいエリアの一角に

    せっかくロサンゼルスに来たのであれば、ここでしか食べれないものを食べたいと思うのは当然のことでしょう。

    しかし、滞在中3食全ておしゃれなレストランで食べようと思うとかなりの出費になりますし、かと言ってハンバーガーなどのファストフードばかりが続くとせっかくの異国情緒の体験の感動も薄れてしまいます。そもそもそんなに安くもないので、改めてワンコインで安全で美味しい食事が出来る日本の素晴らしさを感じるのではないでしょうか。

    過度の贅沢は無しとしても、限られた観光時間のなかで、食事中もより良い体験ができたらこんなに素晴らしいことはないと思います。

    手頃な値段で食事が取れて、なおかつロサンゼルスでしか出来ない体験を味わえる場所はないかと探していたところ、最近とあるダウンタウンのマーケットが人気という噂を聞きつけまして、実際に行ってみることにしました。

    件のスポットは最近何かと盛り上がって来ているダウンタウンの中心エリアです。ここ最近本当に雰囲気が変わって来ました。といっても、治安は決して良いとは言えないので、気を緩めすぎないで観光客としての節度を守って行動すべきです。トラブルさえなければ、素敵な旅行経験になることは間違い無いですから。

    気になるアクセスですが、前に紹介したLA最大のおしゃれ本屋『The Last Bookstore』から徒歩で5分ほど、地下鉄の駅から非常に近いので車がなくても行けることが嬉しいです(駐車が大変なのでむしろ公共交通機関使った方が良いかもしれないですね)。

    その名の通り”巨大な市場”

    ダウンタウンにあるマーケットということでそんなに大きいものじゃ無いと過度な期待はしていなかったのですが、入ってすぐに私の予想は裏切られました。

    想像以上に広い空間に40以上のベンダーが立ち並びその一つ一つが洗練されていて、よくもこのクオリティがここまで揃ったと感心させられることでしょう。

    1917年に誕生したこちらのマーケットは100年もの間、ダウンタウンLAの発展を支えて来た地域密着型のマーケットで、その歴史を至る所で感じることができます。

    また、近年のダウンタウンの再開発によって再び脚光を浴びるようになり、観光客の方でも気軽に遊びに来れるようにネオン菅の電光サインであったり、ぜひ訪れてみたくなる仕掛けが施されています。

    もちろん、現在でもマーケットとしてしっかり機能しているので生鮮食品はもちろんのこと、スパイスなどのちょっとしたものもあるので、週末には買い物がてら食事をついでに済ませていくローカルの方も非常に多く見かけられます。

    LA随一のおすすめ朝食スポット

    歴史のある市場ですが、続々と魅力的な新しいテナントが参入して来ているのもここが活性化している理由で、最近ではアカデミー賞にもノミネートした「LALALAND」(ララランド)のロケ地であることから観光の方も非常に注目度が高いです。

    撮影に使用された「Sarita’s Pupuseria」は実際に営業しているレストランで、劇中でエマ・ストーンさん演じるミアとライアン・ゴズリンさん演じるセバスチャンが寄り添ってこちらの席で食事するシーンを再現して撮影するのも人気となっています。

    ちなみにお店の名前にもなっている「Pupusas(ププーサス)」とはサルバドールの料理で、分厚いトルティーアにお肉や野菜などを挟んだ料理でロサンゼルスでは大人気、ファーマーズマーケットなどで多くの出店を見かけます。スナック感覚で気軽に楽しめるので、おひとつ試してみては?

    また、最近こちらに出店した「eggslut」(エッグスラット)はセレブの方にも人気で朝食からランチまで大勢の方で溢れていて、非常に活気があります。

    開店前から建物の外には人だかりがあって、シャッターが開くとなるとすぐに皆さんがこのエッグスラットに向かっていき、すぐに行列ができていたのが印象的でした。開店直後でこれですから、さらに人混みが増えてくる時間帯ですと列も更に長くなることは間違い無いでしょう。

    LAでここまで列ができるのは珍しく、少し面食らってしまったのですが、その列の長さの割に回転率は非常に早く、そんなに待たずに入場することができました。忙しいお店ということもあって、従業員の方のテキパキとした仕事っぷりで待ち時間を不快に思うこともありません。

    また、値段を見てロサンゼルスでの外食にしては安く、またチップもかからないということもあってこの人気は納得でした。

    パスタにタイフードにラーメンに…タコスなんかもあります。

    いろんなジャンルのお店が揃っているので選択肢には困ることは無いでしょうが、魅力的なベンダーが多くて逆に決めるのに時間がかかってしまいそうです。

    近くに海はありませんが、シーフードを取り扱っているお店も多かったです。

    私はカラマリ(小さいイカを揚げたもの)が好きで、どこに行っても食べたくなってしまうのですが、間食にも丁度良いので、まだ試したことがない方は是非お試しください。

    私がこのマーケットが朝食をとる場所としておすすめするのはこのようなクオリティの高いレストランがあることはもちろんのこと、この雰囲気の中で食事ができることも大きく要員しています。

    その後の予定の流れも組みやすいですし、朝食に四苦八苦している観光客の方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

    散策は最高にコスパの良い観光

    私はいわゆる観光地よりも、その地域の生活に密着していてよりその文化を感じられるスポットを回るのが大好きなのですが、そういった意味ではスーパーマーケットやこのような巨大市場は最高のスポットです。

    写真を見ても何を扱っているのかいまいち思い出せないのですが、この感覚こそが異国情緒を感じさせてくれる要素で海外のマーケット巡りは観光の醍醐味ですよね(入場料もかからないですし!)。

    食事だけでなく、デザートのジェラートまで揃っていて、ここの中だけでいくつものベンダーさんもはしごしてしまうのも良いのではないでしょうか。

    旅行中は特に歩き回る事が多いので、冷たい甘味は非常に魅惑的です。

    ”市場”という事で、フルーツなどの生鮮食品の取り扱いもありました。

    日常的に買い物をしている方もいらっしゃるらしく、ただの観光地ではないということですね。

    ダウンタウンで一番の写真スポット!

    ここまでで既にいつもの記事よりも写真が多くなっていることからも、いかにここが写真を撮りたくなるような場所であるかお判りただけるかと思うのですが、実は一番の人気のスポットが他にありますのでそちらを是非紹介させてください。

    それがこちらの巨大なネオンサインアートです。

    先ほど、それぞれのベンダーのネオンサインについて触れましたが、ここまで規模が大きくなるとその迫力はかなりものです。
    ネオン管がもつ怪しくも艶やかな光が室内の中で行き交う人を魅了していました。

    丁度良い高さで設置されていますので、この前に立って一緒に写真を撮れば、インスタ映えすることは間違い無いでしょう。

    ララランドの撮影スポット、雰囲気のあるブースが立ち並ぶ通り、そしてこの壮大な動くネオンアート。ここは間違いなく、最高のフォトジェニックな場所の一つです。

    午前中に行きましょう

    治安を気にされる方が多いかと思いますが、最近のダウンタウンの活性化に比例するように治安も改善され、このセントラルマーケットは安心していくことが出来ますので、初めての海外旅行の方でも積極的に訪れたいところです。

    ただ、この場所は朝、もしくは明るい時間帯に行くようにしましょう。治安の問題もありますが、朝にこそ最高の体験をできる場所だからです。

    ダウンタウン自体は非常に魅力的な街ですが、闇雲に歩くことは避けた方が良いです。アメリカに限らず、海外は日本人の持つ感覚とは異なる部分が多いので、事前によく調べて綿密なプランを立てることで最高の経験になると信じています。

    この建物のすぐ裏には同じくLALALANDのロケ地になったエンジェルフライトがありますので、ついでに訪れてみることをおすすめします。

    動画で是非その雰囲気を感じてみてください。

    『Grand Central Market』

    住所:317 S. BROADWAY, LOS ANGELES, CA 90013
    営業時間:8am-10pm

     

    Related Posts

    Popular Posts