2018/10/06 「LAのハロウィン凄いぜ」超恐怖モノから子供OKの必見イベントを紹介(無料も有り)
   
目次

    エンターテイメントのキャピタル(首都)とも呼ばれる街にあってロサンゼルスのhalloweenへの思い入れは尋常では有りません。毎年、多くの方の期待を裏切ることなく様々な趣向を凝らしたイベントが開催され、大人でも慄く恐怖体験から、怖いものが苦手な方でも楽しめるエンタメ要素の強いものまで誰でも楽しめるようになっています。
    今回は是非訪れたいこの時期限定のスポットを紹介させていただきます。


    「ロサンゼルスのハロウィンは世界一!」

    私がこう言い続けてはや幾数年になるのですが、それを実感させてくれるシーズンがやって来ました。そして、この時期にロサンゼルスにいる方はとても幸運だと思うのです。なぜなら、ここロサンゼルスほどハロウィンを楽しませてくれる場所はないからです。

    ロスと言えば、夏のビーチライフばかり取り沙汰されていますが、この秋口こそ訪れるにはベストなシーズンだというう方もいるくらいです。

    もし、観光のタイミングでこの時期にロサンゼルスを訪れることがあれば、是非一つでも何かイベントに参加していただいて、その身で体感して欲しいと思います。やはり、見るだけよりも自身で体感した時の方が感動も何倍になりますので。

    至る所でハロウィンのイベントは開催されていますが、中でもおすすめなイベントを優良なものから無料なものまで一挙に紹介しようと思います。

    ハロウィン自体は10月31日ですが、すでに行われているイベントも多くありますよ。

    Halloween Horror Nights-Universal Studios Hollywood($69〜)

    Photo courtesy of Univesal Studios Hollywood

    記事にもしましたが、私が個人的に一番オススメしているのがこのユニバーサルスタジオハリウッドのホラーナイトです。

    この時期は通常のテーマパークとしても運営されていますが、夜からはテーマパーク全体がハロウィン仕様となりこの時期だけのホラーナイトが開催されます。

    ハリウッド最恐のお化け屋敷!ユニバーサルスタジオのハロウィンが今年もやってくる

    普通のチケットでは入場出来ないので、夕方までの通常のテーマパークと夜からのハロウィンイベント両方を楽しみたい方はそれぞれのチケット揃える必要が有りますが、夜だけでも十分ではないかと思えるような満足感が高いイベントです。

    日中とはかなり趣が異なり、怪しい音楽とスモークが焚かれたおどろおどろしい空間ですが、シンプソンズやマミーなどの人気ライドも引き続き楽しむ事が出来ます。

    また、通常では入れないバックロットと呼ばれる映画セットのエリアも解放もされて歩き回る事ができたり、このイベントだけの特別感が有ります。

    休む暇もなく至る所からモンスターが出現してきますし、夜遅くまで歩き回るのでかなり体力を消耗するイベントですが、ロサンゼルスに来たのであれば、ぜひ検討してみてください。

    公式サイトはこちら

    HORROR MADE HERE-Waner Bros. Studios ($59〜)

    Photo courtesy of Warner Bros. Studio Tour Hollywood

    ハリウッドの裏の山を超えてすぐにある映画の街「バーバンク」にあるワーナー・ブラザーススタジオはスタジオ内が見学できるVIPツアーが有名ですが、この時期になると夜間限定でいつものとは違う恐怖体験を味わう事ができます。

    このイベントの最大の特徴が単なるお化け屋敷ではなく、実際に映画を製作しているスタジオという強みを活かしたエンタメコンテンツが売りです。

    今年はNightmare before christmasで有名なティムバートン監督の世界観を味わえる特別展示スペースでは実際の映画で使用された小道具や衣装なども展示されていて、映画ファンにとっては延髄ものでしょう。

    ライブDJイベントも行われていて、お化け屋敷が苦手な方でも楽しむ事ができますよ。チケットは日によって毎年想像以上に早く売り切れるので、早めの計画が肝心です。

    公式サイトはこちら

    Boo at the L.A Zoo($21〜)

    Photo courtesy of L.A Zoo

    ハロウィンの特性上、どうしてもホラー体験や日が暮れてからのイベントが多く、小さなお子さん連れの観光客でも楽しむ事が出来るイベントがなかなかありませんでした。

    そんなお悩みをお抱えの方にオススメなのがL.A Zooで日中から行われているBoo at the L.A Zooです。

    規模はサンディエゴの動物園より小さいですが、実はロサンゼルスにも動物園がありまして、場所はグリフィスパークの近くですので観光客の方でも行きやすいロケーションであることも大勢の方に愛されている大きな要因でしょう。

    そして、家族連れに絶大な人気を誇っている要因がハロウィンイベントにしては比較的安価な値段の入場料である事が大きいのです。

    家族でユニバーサルスタジオのホラーナイトに行こうとすると一気に何万円も飛んでしまいますが、このイベントは動物園の入場券(2歳以下無料、12歳以下$16、それ以上$21)を購入すれば、このハロウィンコンテンツを無料で楽しむ事ができます。

    通常の動物園として営業もしていますし、イベント開催中はかぼちゃのカービングや特別なショーが開催されていたりと至る所でこの期間限定のエンタメが充実していて家族連れにとても愛されているイベントです。日中は恐怖系がほぼ無いので怖いものが苦手な方でも楽しむ事ができます。

    オーバーナイトイベントもありますが、そちらは別チケット購入する必要があるとのことです。

    公式サイトはこちら

    Dark Harbor-Queen Mary($20〜)

    Photo courtesy of The Queen Mary

    実際に心霊現象が数多く目撃されているロングビーチ港に停泊中のクイーンメリー号を舞台にしたお化け屋敷はなんとチケット$20からというコスパの良さがウリです。
    本物の豪華客船の中にも入れてこの金額はかなり安いのではないでしょうか。

    ユニバやワーナーも魅力的ですがチケットの値段がネックだという方にはこちらのイベントが良いでしょう。

    公式サイトはこちら

    MARINA SPOOKTACULAR-Marina Del Ray(無料)

    Photo courtesy of visitmarinadelrey.com

    サンタモニカの少し南、ヨットが沢山停泊しているマリーナ・デル・レイでも家族向け、子供に優しいイベントが開催されています。

    カボチャをカービング出来る体験(かぼちゃも掘るための道具も無料)や仮装コンテストなど実際に参加する事ができるので、より深い部分でハロウィン文化を楽しみたい方にオススメです。

    しかも嬉しいことに入場は無料、ただでさ景色が綺麗な場所なのでこのイベントをきっかけに訪れるのも良いですね。

    公式サイトはこちら

    West Hollywood Halloween Carnival(無料)

    Photo courtesy of visitwesthollywood.com

    そして最後に紹介する「ウェストハリウッドハロウィンカーニバル」こそ最大の目玉イベントと言っても過言ではありません。ハリウッドとビバリーヒルズの間に位置するエリアで何かと最近話題なLGBTを古くからサポートしているビジネスが多い事が印象的な街ですが、この時ばかりはかなりの人数が押しかけ普段の雰囲気が一変します。

    この一帯のサンタモニカ通りが完全歩行者天国となり、多くの仮装している方が入り乱れたパレード、というよりもかなり混沌とします。

    誰でも仮装して参加することも可能で、なかなか恥ずかしいという方でもこのイベントなら大丈夫という方も多いでしょう。
    むしろ仮装しないでここに来る方が恥ずかしい、という方もいるくらいです(もちろん仮装しなくても大丈夫ですよ)。

    かなりクオリティの高い仮装をして来る人が多く、このイベントに人生をかけているような方もいて、かなり見応えがあります。
    ハリウッドでキャラクターに仮装している方と写真を撮ろうとするとお金を取られますが、ここは無料でみんな応じてくれますよ。

    以前訪れた時に、無料の映画のDVD(ホラー系ばかり)が大量に入った袋をもらった事があるのですが、無料のドリンクも配布していたりするのでかなりお得度の高いイベントです。

    公式サイトはこちら

    気になる交通手段は?

    ハロウィンイベントは深夜遅くまで開催されている事が多いので、帰りのプランをしっかり練る事が大事です。

    基本的に深夜の公共交通機関の利用は控えた方が良いです。また、かなりの人間が一箇所に集まると、かなりの交通渋滞が発生しますので、自家用車で来る方もよく検討する必要があります。この時期はパブリックパーキングも高く設定される事が多いことも考慮する必要があります。

    Uberなどを利用して、直接目的地ではなく、少し離れたところでドロップ(もしくはピックアップ)してもらって会場まで歩いていく方が良いでしょう。会場エリアはかなり混んでいて、車もなかなか進まないですからね。

    アメリカ旅行で一番使えるアプリ「UBER」得する使い方を元運転手が解説

    また、人が大勢いるからと安心しないで、夜のロサンゼルスでは羽目を外しすぎず警戒心を保つようにしましょう。

    観光で来て何かしら参加したいけど、移動手段もなく困難だという方は是非我々に一度ご相談ください。最適なプランを提案させていただきます。

    Related Posts

    Popular Posts