2018/12/31 LAの日本人宿主が考える「米国の年末年始(正月)はこんな感じです」
   
目次

    年末年始といえば、日本では長期休暇を取って実家に規制される方やまた海外で年越しをされる方が多い事でしょう。日本とはだいぶ雰囲気が違うロスの年越しですが、一体どんな感じなのか気になる方はも多いと思いますので、おすすめスポットやイベント等も含めてここLAでの年末年始の過ごし方をご紹介したいと思います。

    年越しはそんなに重要じゃない?

    年越しを海外で過ごされる方は非常に多いかと思いますが、本来は冬真っ只中で寒いこの季節で、ヤシの木と陽気な気候なイメージの強いロサンゼルスでの年末年始と言いますと、どのようなイメージを抱かれますでしょうか。

    私が日本を離れてから大分時が経ちますが、神社にお参りに行った帰りに屋台で温かいものをつまんだり、しばらく経験しないと非常に日本の年末年始を恋しく思うものです。

    少しでも想いを満たすために日本のニュース映像を垂れ流しにしてお正月の雰囲気を味わおうとするくらいにここロサンゼルスでの年末年始の過ごし方は日本のそれとはかけ離れています。

    実際、当ゲストハウスにも年越しはロサンゼルスで過ごされる日本からお越しの方に宿泊をしていただいておりますが、日本とは全く雰囲気が違うこの西海岸の年末年始を楽しんでおられます。

    近年でこそ、年越しイベントに力を入れてきてるロサンゼルスですが、日本人にとっては少し盛り上がりがかける印象を受けてしまうことでしょう。決して、盛り上がっていないわけではないですが、日本とは楽しみ方が違うのです。

    アメリカでは年越しは大人のイベントの要素が大きく、大抵はバーやクラブ、または友人宅の自宅でパーティを繰り広げる方が多いです。

    日本のように街の至る所で盛り上がっているわけではないので、事前にどこでどんなイベントがあるかよく計画をして外出した方が良いでしょう。

    年末年始があまり盛り上がっていないというよりも、アメリカ最大の祭日であるクリスマスの影響力が強いと言った方が正しく、こちらでは年末年始ではなく、この日に実家に規制し、家族と時間を過ごす方が多いです。

    この時期の楽しみ方は?

    ロサンゼルスに限らずアメリカで年末年始と言いますと、アメリカで最大の祭日クリスマスを終えてもしばらくその雰囲気を引きずっている印象で、この時期は日本のような年の瀬感よりも、クリスマス気分を味わうことになります。

    実際、以前ご紹介しましたロサンゼルスに来たら絶対行きたいクリスマスイベントでご紹介したFestival of Lightsというイベントもクリスマスが終わって、年が明けてもしばらく行っています。

    仕事の都合で、クリスマスを終えてからこちらに来る方も多いかと思いますが、その場合でも本場アメリカのクリスマスの雰囲気を味わえるのも良いことです。

    「だからLAのクリスマスが最高なんだ」今だけ開催中のおすすめスポット2018

    日系のスーパーなどでは、餅つきなど日本のお正月を味わえるような行事が催しされていますが、日本から観光で来る方はあえて行く必要はないでしょう。

    クリスマス当日は街のありとあらゆるレストランが閉まって食事が大変だという話を以前したのですが、大晦日にあたるニューイヤーズイヴやお正月三が日による影響が少なく、お店によっては多少の営業時間の変更があれど、全く営業しないということはなかなかありません。

    なので、通常営業をしているバーなどではその場にいるとお客さんと年越しの瞬間を盛り上がることも可能です。特別なイベントが催されているわけでなくとも、異国の地で過ごすカウントダウンの瞬間はきっと楽しめると思いますよ。

    そもそも、お正月という概念がなく、日本では特別な正月三が日はこちらでは割と普通の日で、二日には学校や仕事が始まることが多いので、クリスマスよりも多くのビジネスが開かれているこの時期の方が観光客の方にとっては楽しめることも多いでしょう。

    「年末年始感」を味わうことは難しいですが、より観光客に優しいクリスマスシーズンだと考えていただくと旅の計画を立てやすいですよ。

    服装に気をつけましょう

    ヤシの木と雲ひとつない青空に騙されてしまいそうですが、この時期になりますと、気まぐれな気候のロスでも本格的な肌寒さを実感して来るので、冬用のアウターを用意しておいたほうが良いかと思います。

    日本から本格的なアウターを持って来るとなりますと結構な荷物になりますので、こちらのアウトレットで年末商戦に合わせてお得に現地調達する方もいらっしゃいます。後ほどアウトレットに行く予定だったという方はその予定を少しずらすもの良いかと思います。

    感覚的には関東の今くらいと同じような寒さなので、今着ているものをそのまま持って来るのもありでしょう。

    実はお得なアメリカの年末年始

    先ほど、アウトレットの年末商戦の話もしましたが、この時期に少しだけお得に買い物でできる場合があります。

    クリスマスと言えば、アメリカでも最大の商戦のタイミングでこれに合わせた商品を多くのビジネスで販売されます。そして、クリスマスが終わったこの時期にかけてそれらの商品の割引セールが行われることが多く、あえて時期をずらしての購入を狙っている方も多いくらいです。

    例えば、以前紹介しましたベアリスタを始めとしたホリデーシーズンアイテムをかなりの割引率で販売することでスターバックスは有名です。

    「米国土産に最適」LAのスタバに帰ってきたベアリスタ、その魅力とは

    タンブラーなどの物によってはホリデーシーズン感が薄く、通年で使っても違和感がないものもたくさんありますので、お土産にも良いのではないでしょうか。かつてアメリカのスタバで70%オフを見たことがあります。

    また、ターゲットやCVSなどのお菓子コーナーではチョコなどのお菓子やおもちゃも激安販売されることがありますよ。

    日本とは全く違うアメリカの年末年始ではありますが、訪れる価値は大いにあります。この時期に訪れる方はぜひその違いを楽しんでみてくださいね。

    今年も大変お世話になりました

    本年はイサオハウスを7月に営業開始、半年という短い期間ではありますが大勢の方にご利用していただきました。創業期間が短い故に、時には至らない部分がありましたが、ご理解とご協力をいただき、無事今年を終えることができました。

    これまでの経験を活かし、より多くの方にロサンゼルスの魅力を伝えることができるように従業員一同精進していきますので、これからもロサンゼルスの日本人宿『ISAO HOUSE』をよろしくお願い致します。

    来年が皆さんにとって良い年となりますように。

    Related Posts

    Popular Posts