2019/03/26 アメリカで使えないクレジットカード?JCBをLAで使う時の注意点
   
目次

    海外旅行では必須アイテムと言っても過言ではなくなったクレジットカード。デビットカードやプリペイドカードなども登場して、ほぼどなたでも所有することができるようになり、人によっては複数枚のカード、おかげで不必要な現金を持ち歩く必要も少なくなりました。
    そこで気になって来るのが日本のクレジットカードがアメリカで使えるか、特に今回は日本で所有者の多いJCBについて掘り下げたいと思います。JCBはロスでは使えない?

    全く使えないということはない

    JCBは日本のクレジット会社ということで日本人からは圧倒的な信頼を誇っていますが、ここ欧米ではまだまだ普及段階で、利用可能なビジネスも限定的でした。

    JCBのメイン利用層がアジア圏、特に日本人の方になるので日本人が多く利用する日系スーパーなどでは取り扱っているところもありますが、そもそも日系のお店がごく一部にしかありません。

    JCB独自のネットワークは全く普及していませんので、海外では大手クレジット会社と提携し、その会社のネットワークを共有することで、JCBを取り扱わない店舗でも利用可能になったりすることがあるようです。

    アメリカで提携している会社はこちらです

    アメリカでは現在、大手カード会社『DISCOVER(ディスカバー)』と提携していて、こちらのカードを取り扱う店舗で利用できるとのことです。

    もしかしたら、このディスカバーをご存知のない方もおられるかもしれませんが、アメリカではかなりメジャーな会社ですので、こちらのネットワークを利用できるということで、一気に使用機会が広がったのではないでしょうか。

    ちなみにそのほかの海外では、『American  Express(アメリカンエキスプレス、通称:アメックス)』がニュージーランド、オーストラリア、それにカナダで受け付けているそうです。

    JCBカード一枚で来るのは危険

    アメリカではディスカバー社のネットワークを使えるということで一気に利便性が拡大しましたが、それでもJCBカード一枚で来るのは非常に危険です。

    確かにディスカバーはアメリカでも大手ですが、VISAやMasterCardに比べますと、取り扱っている店舗の数に差があります。

    また、JCBカードの認知度が低いので、ディスカバー加盟店でも「このカードは使えないよ」と試さないで断られることもないとは言えません。

    「ビザとマスターカードは取り扱っているが」という店舗は結構ありますので、一枚はビザかマスターカードを所有しておいたほうが良いでしょう。

    日本のカードが使えなかった事例

    当ゲストハウス利用者の方からの相談の中で、結構多いのが日本のカードが使えなかったというトラブル。

    限度額を超えてしまったということであれば、カード会社と連絡を取ることで解決することが出来ますが、そうでない場合、システムに依存している場合ですと解決が非常に難しいです。

    実際に過去の事例で最も災難だったのは、女性お一人で宿泊された方がディズニーランドでクレジットカードが使えなかったことです。

    日本のクレジットカードがアメリカで使えない?LAでの実話と対処法

    こういった場合ですと、単純にカードが使えなかったという問題だけで終わらず、大切な1日の予定が狂わさせられる危険性を孕んでいます。

    使えないときの対策を

    「日本のカードが使えない原因」を予め予習しておくことで、その対策を立てることが出来ます。

    問題が起きてから、その原因を究明することも大事ですが、「もし、カードが使えなかったときの対策」を用意しておくことも非常に大事です。

    例えば、何があっても良いように、最低でもその日1日は滞在先に無事に帰ってこれる程度の現金を用意しておくことは鉄板ですし、カードを複数枚持っておくこともリスク対策になるでしょう。

    特に学生さんからの「カードが使えません」というSOSを宿泊者に限らず、非常に多く頂きます。お子さんだけで訪れている場合、現地にいない親御さんも直接対応することが出来ず不安になるかと思いますが、そういった方々にこそ、カードの複数枚所持をオススメしています。

    最近では学生でも安心して簡単に発行できるプリペイド式のカードもありますので、使いすぎが心配な親御さんでも安心してお子さんに持たせることもできるのではなないでしょうか。


    こちらのNEO MONEYカードは、審査がないので13歳以上の方であればどなたでもほぼ100%で発行可能で、届いたその日からすぐに使うことが出来ます。なかなかカードの審査に通らない方や学生の方でも安心して申し込み可能。

    安心と信頼のVISAカードで、海外渡航用に使われることを想定しているのでアメリカの大抵どこでも使えることが魅力的、しかも入会費・年会費が一切かかりませんので、渡航を計画したらとりあえず申し込みをしておくべき一枚です。

    また、プリペイドなので、入金額以上使えないので「使いすぎてしまった」を防ぐことが出来ます。この機械に検討してみてはいかがでしょうか。

    →海外旅行にはコレ!NEOMONEY

    まとめ:お金は旅先のライフライン。渡航前に対策を!

    ・LAで「JCB」はごく一部の日系ストア、及び「DISCOVER」提携店で可能だが限定的。
    ・まだJCBカード一枚で渡航はリスクが高い。
    ・複数のクレジットカード(VISAかマスター)、もしくはプリペイドカードなど用意すべき。
    ・カード使用不可の時に備えて、多少の現金も併せ持ちましょう。

     

     

    Related Posts

    Popular Posts