2019/04/30 【直前に確認】ロサンゼルスに観光を決めたら知るべきことリスト
   
目次

    ようこそロサンゼルスへ。

    旅行の予定が決まり、ワクワクが止まらない方が多いことでしょう。この西海岸最大の都市はその期待に十分に応える魅力があることを自信を持って言えます。

    そんなロサンゼルスを心行くまで楽しんでほしいので、今回は渡航前に確認しておくべきことと過去のゲストハウス利用者から学ぶ失敗例をご紹介しますので、予め備えておきましょう!

    渡航に必要なもの1:パスポートの有効期限は大丈夫?

    海外旅行に行くにあたり、最も大事なものの一つがパスポートです。これがなければ、入国することすら叶いません。

    また、手元にパスポートがあるからといって安心しきることは危険です。有効期限や正しく情報が更新されているか確認しましょう。

    場合によっては、パスポートの発行をしなければいけませんが、取得にはどんなに頑張っても6日以上かかります。また、大型連休直前などシーズンは窓口も混み合いますので、旅行の日程が明確でなくてもとりあえず先に取得しておくことが大事です。

    理想は一ヶ月前、最低でも二週間以上見ておかないと厳しいことになります。

    書類不備によって発行手続きにとりかかれない場合も考えうるので、とにかく時間に余裕を持って行動しましょう。

    有効期限が半年を切っている場合、キオスクで入国手続きが出来ず、紙による税関申告書が必要となる場合もありますので、有効期限が短い方は今後のためにも更新しておくのも一つの手かもしれませんね。

    渡航に必要なもの2:ビザ免除プログラムESTA取得

    滞在期間が90日以内の場合、ビザ免除プログラムにて入国することが可能で、ビザ申請の必要がありません。大抵の観光客の方がこのプログラムを利用するかと思いますが、有効期限内のパスポートさえあれば入国できると勘違いしている方が結構多いです。

    米国大使館でビザ申請をする必要はありませんが、ESTAと呼ばれる電子渡航認証システムを通じ、予め登録をしておかなければいけません。

    この際、気をつけないといけないことが3つあります。

    一つ目は、旅行の予定が決まったらすぐ申請、最低でも3日前までには行いましょう。申請してすぐ、認証されるケースが多いため、空港のカウンターで気付いてから申請して間に合う方もおられますが、無用なギャンブルは避けておくことが懸命です。

    次に、必ず公式サイトから申請を行いましょう。

    キーワードで検索するとどうしても第3の業者や悪意を持ったサイトへ誘導されることがあります。この際、必要以上に高い金額を請求されることもそうですが、お金だけ払って申請がされていないというケースもよく聞きますので、ご自身の手で公式サイトから申請を行いましょう。自分で行えばかかる費用は$14、しかも簡単です。

    →公式サイトはこちら

    最後に情報は正確に入力しましょう。

    問われる内容自体は非常に簡単で、ご自身でしたら問題なく入力できます。ただ、その情報に誤りがあったり、問題のある項目にチェックをしてしまうと、申請が却下されてしまいますので、最終画面でよく確認してください。

    渡航に必要なもの3:航空券は早めにおさえよう

    アメリカの場合、大抵の方は空から入国するかと思いますが、値段が一日単位で急変する航空券は想定内の値段であるうちに購入しておきましょう。

    特にゴールデンウィークなど大勢の方が利用されることが想定されるシーズンは、直前の格安チケットを期待するのは危険です。

    気がついたら、ビジネスクラスしか残っていなくて、エコノミーの通常の何倍の価格帯のものしかないとなると、旅そのものを諦める必要も出てきます。

    渡航に必要なもの4:安全な滞在先の確保

    渡航前に確実に滞在先は確保しておきましょう。

    「着いてから探す」「野宿前提」など、はっきりとした滞在先の証明が出来ない場合は入国を拒否される場合がありますし、何よりも自らの生命を危険に晒すこととなります。

    宿のクオリティと安全性は密接な関係にありますので、とにかく信頼ができる滞在先を早めに確保しましょう。

    渡航に必要なもの5:十分な滞在資金の確保

    それぞれの予算があるかと思いますが、最低限滞在期間を安全に過ごすことが出来る程度の予算がなくてはなりません。

    「いくら資金を持っているか」も入国審査時の重要な要因ですが、海外では外国人である我々にとってお金は大事なライフラインです。想定外のことも十分に起こりうるわけですから、せめて安全なところに逃げ込める程度の資金は常に持っている必要があります。

    ただ、現金で全て賄おうとするとかなりの金額を持ち歩くこととなり、非常に危険なのでクレジットカード等のいざという時に使える資金を様々な形で用意しておくことが重要です。

    金銭関連の問い合わせは非常に多く、「十分な現金を持ち合わせてなかった」「所有していたカードが使えなかった」等のトラブルが多発し、弊社の緊急問い合わせ先に毎月のようにご相談を頂いております。

    日本のクレジットカードがアメリカで使えない?LAでの実話と対処法

    現金とカード複数枚所持をしておくと安心です。

    用意しておくべきものその1:いざという時の通信手段

    万が一の時に外部と連絡が取れるように現地で使えるスマホやモバイルホットスポット(ポケットwi-fi)の用意は予めしておきましょう。

    海外では外国人というだけで不利な立場におかれることがあり、自分達だけの判断だけでどうしようもなくなることがあります。その時にすぐ、現地の大使館や警察、信頼できる方へ連絡が取れることは非常に大事です。

    特に、公共交通機関が発達していないLAでは予想以上に終電が早く、最終便を逃してホテルに帰れる手段がなくなった、というケースは日常茶飯事です。その時に、Uberを呼べる状態であることは非常に大事です。

    現地でも通信手段を取得することは出来ますが、事前に日本で確保しておきましょう。

    空港で手に入れることが出来るようなレンタルポケットwi-fiやSIMカードは割高ですし、現地のローカルで買いに行く時間も観光に費やした方が遥かに有用です。

    オススメはアマゾンで購入できるSIMカードで、最もコスパが良い通信手段と言って良いでしょう。滞在日数や利用状況によって、自分に適した容量プランを選べます。

    アメリカ旅行用プリペイドSIMをどこで買うべき?LAで買える場所も紹介

    現地での通信手段を持たずに公衆wifiをあてに来られる方もいますが、いくら日本よりもwi-fiが整っているからと言って過度な期待は禁物です。何かしら現地での通信手段を用意してくることを強くお勧めします。

    用意しておくべきものその2:ウーバーのアプリ

    ロサンゼルスでは必要不可欠、配車サービス「Uber」のAppを日本にいるうちにダウンロード、利用者登録をしておきましょう。こちらに着いてから登録してみたものの、使えなかったというケースが多発しています。

    日本にいる間にちゃんと機能するか確認しておきましょう。

    アメリカ旅行で一番使えるアプリ「UBER」得する使い方を元運転手が解説

    用意しておくべきものその3:パスポートのコピー

    滞在中のトラブルで非常に多く厄介なものがパスポートの紛失です。常に携帯しなければならず、身分確認の際に出し入れすることが多いので、非常に無くしやすいです。
    もちろん、無くさないことが一番ですが、無くしてしまったことも考えておくことが大事です。これ無くして帰ることができず、その対応に一日の予定が狂ってしまう危険性があります。

    テンポラリーのパスポート発行を円滑にするためにパスポートの写し、証明写真、住民票の写しなど用意しておくと良いでしょう。

    他に持ってきた方が良いものは?

    ★ジャケット一枚

    日中は暖かくても、夜中急に冷え込む砂漠ならではの気候のロスでは一着程度ジャケットがあると良いでしょう。また、ドレスコードが結構ゆるく、ジーンズにジャケットを羽織っていればOKな場所がほとんですので、いざという時のために持っていっても良いでしょう。

    ★サンダル

    室内でも土足の場所が多く、室内で簡単に履き替えられるサンダルやスリッパなどを用意しておくと良いですよ。また、ビーチに行く時にもサンダルですと大活躍です。現地でも簡単に手に入れることができるので、特にこだわりがなければ、現地調達でも良いかも知れませんね。

    ★サングラス

    日差しが強いのでサングラスは必要不可欠と言っても良いでしょう。現地のアウトレットストアで購入することも見越して持ってこない方もおられるかと思いますが、より日本人の骨格にあったサングラスをお求めの方は日本で用意しておいた方が得策です。

    ★ドライヤー

    当ゲストハウスは用意があるので不要ですが、ロサンゼルスではモーテルやインなどドライヤーを置いていないところが結構ありますので、事前に確認をしておいた方が良いでしょう。

    ★常備薬

    日本で風邪くすりや整腸剤などの日常的に服用している薬を持ってくると安心です。アメリカにも同じ効能のものは市販されていますが、アメリカ人向けに作られていて日本の方には少し強すぎることがあります。

    持ってこなくて良いもの

    ★変圧器

    最近のものですと、大抵の家電はアメリカの電圧にも対応しています。特殊なものでない限りほとんどのケースで変圧器は不要です(それぞれの表示をご確認ください)。

    また、コンセントも日本のプラグの形に対応していてそのまま使用することができるます。

    ★ブランド品

    不要なブランド品は持って来ないようにしましょう。税関申告をしないといけない場合もありますし、観光客が高価なアイテムを持っているとわかるとそれだけで悪意を持った人間たちのターゲットになってしまうリスクが上がってしまいます。

    ★多額の米ドル

    現地で現金は必要不可欠ですが、必要以上に持ってきますと犯罪に遭うリスクも増加します。こういった悪意に巻き込まれなくても、使わなかった分のアメリカドルをまた日本円に換金しますと手数料がかかってしまい、勿体無いです。クレジットカードや現地ATMで引出す際の手数料とのバランスを見て上手に使い分けましょう。

    また、銀行で両替しますと$50や$100の大きな額面の紙幣を貰うことが多いですが、それらのお札だけにならないようにしましょう。アメリカでは$50、$100の紙幣を受け付けてくれないビジネスも多く、現金があるのに使えないということがよく起こります。

    ロスでは一番使い勝手の良い$20札を十分に用意しておきましょう。

    ★カップヌードルやお菓子など日本の食べ物

    なるべく日本から食べ物は持ってこないようにしましょう。
    一番よくやってしまいがちな失敗が、カップラーメンなど米国に持ち込めない豚肉エキスなど入ったものを知らずのうちに持ち込んでしまうことです。

    意外なものが持ち込めない買ったりするので、極力食べ物系は持っていかないようにしましょう。

    入国審査に関して

    アメリカはいつだって観光客は歓迎ですので、英語が喋れないからといって心配する必要はありません。
    入国に関しては過去に詳しく書いておりますので、こちらの記事を参照してください。

    ★入国の基本的な流れ

    英語話せない?ご安心を。アメリカ入国審査を世界一優しく解説【LAにおいでよ】

    ★税関申告書はどうするの?

    アメリカ税関申告書廃止?英語不安なら正しい申告法を知っておこう

    ★入国審査を簡単にするために

    【英語が不安なら質問を減らせ】アメリカ入国を簡単にする9つの鉄則

    空港からホテルまでの移動に関して

    入国審査後の最初で最大の関門が空港からホテルまでの移動です。過去に何度も記事で増えてきましたが、ロサンゼルスの交通事情は日本のソレとは全く異なります。

    また、現地の土地勘がない方にとっては、いまいち空港から主要スポットまでの距離がピンとこないので、なかなか最善のアクセス方法がわからない方が多い方と思いますが、こちらの記事を参考にしてください。

    LAX空港とホテル間の移動はコレで大丈夫!値段と快適さの面から選んでみました

    基本的にはUBERの利用を推奨していますが、この便利なサービスを利用した犯罪も横行しています。

    LAで被害続出!新手のUBER詐欺がかなり悪質で危険【ウーバーの使い方】

    実際に当ゲストハウスを利用された方も被害に合っているかなり悪質なものですので、利用を考えている方はこちらの記事に目を通していただけると幸いです。知っていたら、簡単に防げるのですから。

    余計な心配をしたくない方は弊社の空港ピックアップサービスをご利用ください。
    通常$80ですが、期間限定で$50で空港までのお迎えを行なっております。こちらのサービスは当ゲストハウス利用の方だけではなく、ロサンゼル市内、およびハリウッド市内またはその近郊のホテルに滞在予定のお客様も対象ですのでお気軽に問い合わせください。また、遠方のホテルへの送迎も別途ご相談ください。

    ★チェックインまで荷物預はどうする?

    ロサンゼルスの大抵のホテルのチェックインは午後3時からの所が多く、午前中の到着も多い日本発のフライトを利用の方には大きなスーツケースを持っての移動もかなり深刻な問題です。

    基本的に空港には荷物預かり施設はないので、近郊のサービスを利用することになります。

    【米国にコインロッカーがない理由】LAX空港近くで荷物預かり出来る?

    ただ、観光客の方にはあまりオススメしません。また、荷物を取りにこないといけないですし、決して使い勝手が良いサービスではないからです。

    せっかく長時間かけてロスに来たのですから、せめて到着直後はいかに楽をできるか考えた方が良いです。

    「空港からホテルまでの移動、そしてチェックインまで時間も無駄にしたくない」というお客様の声にお答えして、空港からお迎えに上がり、そのままホテルのチェックインまでの時間で効率よくロサンゼルスを観光し、滞在先ホテルへまでお送りする新しい観光サービスを始めました。

    荷物預かります!LAX空港迎え付き半日LA市街観光ツアー

    空港からホテルまでの移動だけに何十ドルも払うことに抵抗がある方は一層の事、観光してしまいましょう。

    車だからこそ、効率よく回れるので、その分他の予定を組むことができますよ。また、英語でのホテルのチェックインが心配な方もご安心ください。弊社が責任持ってお手伝い致します。

    滞在時に気をつけること

    日本とは大きく文化が異なるアメリカで、また日本人はここでは外国人ですので、ただ歩いているだけでも現地の人間とは事情が異なります。

    弊社に問い合わせの多いものの多くが、日本にいる感覚のために起きてしまったことがほとんどで、それらの多くは危機管理を高めて防ぐ他ありません。

    ★バス/電車は時間通りこない

    予定通り来ないこともそうですが、そもそも予告なしで来ないことも珍しくありません。

    ★基本的にロサンゼルス現地の人はバス/電車を利用しない

    特別な事情がない限り、現地の方は自動車で移動することがほとんどで、公共交通機関は日本人観光客が非常に利用しにくいものと感じるでしょう。

    ★夜は出歩けない

    基本的に不用意な夜の外出は控えましょう。なるべく帰りが遅い時は公共交通機関を利用せず、uberなどで直接滞在先まで乗りつけた方が良いです。

    ★終電が早い

    必ず最終便の時間を確認、またそれ以外の帰る手段を確保しておきましょう。野球の試合が延長したために最終便に間に合わなかったケース、そもそも最終便が時間通り来なかったケースなど想定できます。どのような場合でも、確実に滞在先まで帰れるようにウーバーなどの選択肢を考えておきましょう。

    ★野宿はしてはいけない

    アメリカでは滞在先以外で、安全に夜を明かすことができる場所はありません。間違っても駅構内で過ごそうと考えたり、野宿は考えないでください。命に直接関わります。

    ★話しかけてくる人に注意

    道を歩いていて、話しかけてくる方は基本的に無視してください。大抵がお金を狙ったものですので、日本語を話しかけてきても一切無視しましょう。

    特に注意しないといけないスキャマーという存在がいます。

    特に悪名高いのがハリウッドやベニスビーチに必ずいるCDスキャマーで、CDを押し売りしてくる非常に厄介な存在です。その手口は非常に巧妙でこの動画でその一部始終をご覧ください。

    知っていれば簡単に防げるのですが、実際毎日のように観光客の方が被害にあっていて、一向に収まる気配がありません。彼らは儲かる限り続けますので、我々が賢くなって防ぐしかありません。

    GWのロス観光の日本人は注意!ハリウッドCD売りつけ詐欺事件簿

    ★忘れ物に注意

    基本的に忘れ物、落とし物は帰ってくることはないと考えた方が良いです。紛失してから慌てるよりも、未然に防ぐことが肝心です。

    最近では、ウーバー車内でのスマホなどの忘れ物が多く、そのほとんどが帰ってきません。こちらでもできる限りの対応は致しますが、もし車内で忘れ物をしてしまっても期待しない方が良いです。

    とにかく、忘れ物をしていないか?降車時に必ず確認しましょう。

    少しでも滞在を有意義にするために

    「ロサンゼルス」がつまらなかったというお声をよく聞きます。実際そんなことはないのですが、その原因のほとんどが予定通り回ることができなかった、もしくは思ってたものと違った、というケースがほとんどで我々現地の人間が知るロサンゼルスの魅力をほとんど触れずに帰ってしまうことがほとんどのようです。

    ★部分的にプロに任せましょう

    格安旅行で一番気をつけないといけないのが、節約のあまり、せっかく高い航空券を払ってきたのに全く楽しめないで帰るハメになってしまうことです。

    残念ながら、ロサンゼルスの特殊な土地柄と交通事情のために、観光客だけの力だけでは満喫することは難しいです。かと言って、大手のツアーを利用するとなると、せっかくの旅行なのに知らない日本人の方とギュウギュウ詰めのシャトルバスでいく先々で時間に終われるなど雰囲気が台無し、そして、それなりに費用が嵩みます。

    もっと気軽に観光ツアーを楽しめることができないか。

    そんなお声に期待して弊社では$130からでも気軽に楽しめる観光サービスイサオツアーズを始めました。

    自分たちで行ける場所は自分たちで、プロに任せる場所はプロに任せて、といったメリハリのあるツアーを組むことで今回の滞在が一生の思い出になることを保証いたします。

    ツアーを利用することで何万円かの出費が増えてしまうわけですが、気軽に何度も来ることができない海外旅行では必要な経費と考えて、この際思い切って楽しむことが1番の格安旅行なのではないかと思うのです。

    我々イサオツアーズではお客様の満足度を最重要視し、一人一人のニーズや予算に合わせて最適なプランを提案させていただきますのでお気軽に問い合わせください。

    ロサンゼルス以上に楽しい場所など存在しないと信じている我々が自信を持ってお送りするこちらのツアー、この機会にぜひご利用を検討ください。

    それでは、事前によくリサーチを行なって、快適なロサンゼルス旅行になりますことを従業員一同心より願っております。

    Related Posts

    Popular Posts