2019/06/30 もう英語はいらない!米国スタバのモバイルオーダーで複雑な注文も楽々
   
目次

    世界中にファンを持つスターバックスはロサンゼルス旅行でも人気の観光スポットです。しかし、中には英語に自信がないばかりに行くのを躊躇ってしまう、もしくは本当に飲みたいものをオーダーできない方もいるようで、非常にもったいないです。
    本日はそんな方々に英語で喋ることなく注文ができてしまうモバイルオーダーの使い方をご紹介致します。

    スタバを制するものはLA観光を制す

    以前、ロサンゼルスの某人気観光地のスタバでお気に入りのジャバチップフラペチーノを注文しようと列に並ぶ私の前に日本人観光客と思われる二人組がメニューを見ながら困惑した表情で結局、レジ前に並べてあるペットボトルの水とオレンジジュースを購入されていきました。

    本当にそれらが彼女たちが買いたいものだったとか疑問ですが、このような光景は珍しくありません。英語のコミュニケーションということで、萎縮してしまい、お得なサービスを受けられていない方が多いです。

    特にスターバックスといえば、ここロサンゼルスのみならず、アメリカ全土でいたるところにあるいざという時のかけこみ寺でもあるので、これをうまく使いこなすかで旅の満足度がかなり変わって来ます。

    ただ、現地の方でもややこしいスタバの注文を、英語が不慣れな観光客の方でしたら尚更、自分が本当に頼みたい物を注文するのは難しいことでしょう。

    そんな時にオススメしたいのがスマホから簡単に事前にオーダー、店頭で受け取りすることが出来るスタバのサービス、モバイルオーダーなのです。

    モバイルオーダーとは

    スターバックスのアプリといえば、予めアカウント開設、カードを登録しておくことでスマホのバーコードで簡単に決済、または残金を入金したりすることが出来る非常に便利なアプリですが、ほんの数年前にモバイルオーダーという新システムが導入され、現在では最も忙しい朝の時間を中心に多くの方が利用されています。

    簡単に言ってしまうと、スマホから自分が頼みたい商品をオーダー、予め指定した店頭で商品を受け取ることが出来るサービスで、オーダーできるのはコーヒーなどのドリンクだけではなく、フードでも可能です。

    会計も予め、登録されたスターバックスカードから引き落とされるので、驚くほど簡単で早く完了しますので、行列にもう悩まされる必要もありません。

    米国スタバappをダウンロードしましょう

    日本のスターバックスのアプリとは互換性がありませんので、アメリカ版のものをダウンロードしましょう。

    iPhone向けのスタバアプリダウンロードはこちら
    Andoroid向けのスタバアプリダウンロードはこちら

    ダウンロードするに際し、スマートフォンの国設定をアメリカに変更する必要がある方は過去に海外のアプリをダウンロードする方法(iPhone向け)の記事をご紹介していますので、よろしければご覧ください。

    iPhoneのApp Storeを米国に変更してアメリカ限定オススメアプリでお得に観光しよう

    英語の心配は不要!スマホから簡単注文

    まずはアプリを立ち上げましょう。

    下部のメニュータブのところから「Order」へと進みます。

    メニューからお好きな商品を選びましょう。それぞれコーヒメニューやフラペチーノなどカテゴリー分けされていますが、特に決まっていなければ、写真から美味しそうなものを選んで良いかと思います。

    商品ページのところでサイズはもちろん、シロップの数や追加トッピングなど詳細なカスタマイズが可能となっていますので、今までレジの注文でハードルが高かった複雑なオーダーもじっくり時間かけて作り込むことができますよ!

    カスタマイズも終わってメニューが決まりましたら、「Add item」でカートに商品を追加しましょう。一品だけでなく、複数のアイテムもオーダー出来ますので、その場合はまた同じようにアイテムを追加すれば良いです。

    そして、最も気をつけないといけなければならないのが、ピックアップスポットの設定です。自分が受け取りたい店舗を正しく選びましょう。

    この緑のドットがオーダー可能な店舗なのですが、かなり多いです。こちらのドットをクリックして店舗を設定することも可能ですし、「SHOW LIST」のところからよく使う店舗、自分の近いところにある店舗、などの候補から選ぶこともできます。

    日本と比べて、はるかに店舗数が多いので住所を合わせてダブルチェックしましょう。

    そして、店舗設定も済みましたら、あとはオーダー確定するだけで大体の出来上がり時間が出て来ますので、その時間に合わせて店舗にピックアップに行きます。

    初めて使う方はここに気をつけて

    最も気をつけることとしてピックアップ店舗の設定を説明しましたが、もう一つ気をつけなければいけないことが、オーダーの完成の時間は指定できず、オーダーしてからすぐに作り始められるので、ピックアップしたい10分前くらいにオーダーするようにしましょう。

    1時間後に受け取りに行く予定でオーダーしてしまうと、フラペチーノもドロドロに溶けてせっかくの美味しさが失われてしまいます。

    初心者の方は、ピックアップ店舗の設定間違いもありますので、その店舗についてから店内の席に座りながら注文してみると良いですよ。

    モバイルオーダーだからと言って決して外からオーダーする必要はありませんし、外ですと予期せぬ渋滞などで到着時刻がずれる可能性がありますからね。

    店舗内でオーダーするメリットとして、よく間違えがちな店舗の場所の確認がGPSによる自分の居場所と合わせて確認できますので、より間違いが少なくなります。

    注文を受け取りに行きましょう

    そして、注文が無事にできましたら、あとはピックアップに行くだけですが、店舗によって受け取り方が異なります。

    受け渡し口のところにモバイルオーダー専用台みたいなものが用意されている場合は、商品にラベルで商品名とあなたの氏名がついているか確認して問題なければ、そのまま持って行って大丈夫です。

    中には間違って自分のオーダーを持っていく人もいるようで、店舗によっては受け渡し口の店員さんに「注文を取りに来た」と伝える必要があります。

    “Pick up”と言って、自分の名前を伝えるか、スマホのオーダー画面を見せれば店員さんが持って来てくれますよ。

    自信を持って観光客にも勧めたい

    使用の際はどうしても英語を避けられませんが、どれも簡単で、商品にはわかりやすい写真があるので初めての海外の方でもそんなに苦労することはないでしょう。

    何よりも、多少最初は苦労してもこのアプリを導入しておくことはよりロサンゼルスの滞在経験をより濃密なものにしてくれます。

    列に並ばなくても良いですし、普段試せないような特別なオーダーもラクラクできますので、せっかくのロサンゼルス旅行は日本ではできない体験をぜひして、たくさん楽しんでくださいね。

    Related Posts

    Popular Posts