2019/12/13 格安LAX空港送迎「スーパーシャトル」がなくなるので対策を考えた。
   
目次

    ありがとう、Super Shuttle。
    ブルーの車体が目を引くシェアライドバン「スーパーシャトル」の年内での廃業が決定しました。、多くの人に愛されてきただけに、その突然の悲報に悲しむ方も多いですが、気になるのはその代わりとなる存在があるのか?という新たな問題です。送迎の有力な選択肢であっただけに、早急に対策を考えてみる必要があると判断し、いくつか提案させて頂きます。

    年内廃業決定

    入国審査に続く、ロサンゼルス旅行のちょっとした難関である「空港からホテルまでのアクセス」は長年多くの観光客の方を戸惑わせてきました。タクシーを使ってしまえば、簡単に行けてしまうわけですが、金額面での負担が大きく、なかなか気軽に使えない…そんな時に市内まで定額$20ほどで目的地まで運んでくれるこのシェアライドバンは有力な選択肢でありました。

    最も安い送迎サービスの一つであったので、観光客だけでなく、むしろ現地に住んでいる我々の方にこそ需要のあったかもしれません。

    しかし、こちらのバンが今朝廃業になるというニュースが飛び込んできました。それも今年の12/30で終了、1ヶ月もないことも問題ですが、この時期は日本からも大勢観光客の方が訪れるので、その影響は真剣に考えてみることにしましょう。

    大きくわかる空港送迎事情

    つい先日、ロサンゼルス空港の送迎事情が大きく変わってきているということで、「LAX-it」という新サービスを紹介、いきなり始まったために新たな混乱を巻き起こしていることをお伝えしました。

    【要注意】ロス空港新サービス「LAX-it」でタクシーやUberがどうなる?

    これは「突然」というよりも「やっと」始まったか、と考えている方も多いことでしょう。というのも、長年、送迎による空港の渋滞は問題視されていて(空港だけの話ではないですが)、ここに近年のウーバーやリフトなどのシェアシェアライドが増えてきたこと、また、それに伴って新たに生まれた「UBER詐欺」などの二次被害など、かなり混沌とした状況でした。

    LAで被害続出!新手のUBER詐欺がかなり悪質で危険【ウーバーの使い方】

    長時間のフライトと緊張する入国審査を終えて入国する人からしてみれば、さっさと滞在先に向かってしまいたいですし、帰国する人からしてみれば、差し迫ったフライト前に空港前の渋滞で全く目的のターミナルへたどり着けない状況はかなりのストレスです。

    これは観光都市として、絶対に解決しなければならない問題ではあったわけで、2028年のロサンゼルスオリンピックという機会をきっかけに本格的に改革に動き出ているのではないでしょうか。

    観光客への影響は?

    今回のスーパーシャトルの廃止は実際のところ、そこまで観光客の方への影響は少ないと思っています。我々では、もともと空港から宿までの送迎の手段としてこちらをあまりオススメしてはいませんでした。

    その理由は時間がかかること。目的地まで定額(しかも安い)で運んでくれるサービスと言いますと、とても魅力的に聞こえますが、他の観光客の方との乗合なので、様々な目的地を共有していきます。

    場合によっては最後の目的地に設定されることも考えられますが、長時間のフライト後にまた2時間も移動があっては疲労もたまりますし、せっかくの時間が勿体無いです。

    それであれば、値段を2倍、3倍払ってでもタクシーを使った方がはるかに効率が良い旅となります。それに観光客の方であれば、同行人と割り勘すれば、スーパーシャトルと同じ値段、もしくはそれ以下になることもあります。

    また、目的地をドライバーの方に伝えたり、ある程度英語でのコミュニケーションが必要となってくるので、初めてロサンゼルスを訪れる方にはオススメはしません。

    なので、今回一番影響を受ける人、つまり今まで需要があった層というのは、ひとり旅のバックパッカーの方や現地に住んでいる方々が大半かと思うので、観光客の方はあまり心配しなくて良いです。

    改めて一番良い交通手段を考えてみる

    結論から言ってしまうと、やはり「UBER」や「Lyft」などのシェアライドが最も有力な候補の一つだと考えています。

    詳しくはアップデートしましたこちらの記事をご覧になっていただけたら幸いですが、LAX-itの開始で少し不便になったとはいえ、未だに最もお手軽な移動手段です。

    【更新】LAX空港とホテル間の移動はコレで大丈夫!値段と快適さの面から選んでみました

    人気ではあるが故の問題もありますが、事前に起きうるアクシデントと使い方を正しく予習しておけば、何かが起きても冷静に対処できるようになります。空港近辺だけでなく、滞在中の移動にも積極的に活用していくべきなので、入国してからすぐに使えるようにしておくことが望ましいでしょう。

    ルールやサービスが大きく変わって、なかなか誰にとっても最高の移動手段が「これ」というものを断言できませんが、現状、使い勝手とコスパを考えるとこちらのシェアライドが最も有力です。

    その「移動」も観光にしてみませんか

    せっかくの海外旅行、思い切って入国したその瞬間から観光ツアーをやってみるのはいかがでしょう?

    日本からロサンゼルス国際空港までのフライト時間は大体12時間ほどですから、往復のフライトだけでなんと一日を費やしていることになります。

    国際線は念のために、フライト時間の3時間前に空港に到着することが望まれていることを考えると、さらに6時間が観光できない時間。そこに空港からホテルまでの移動、3時からのチェックインまでロビーで待機…

    休みはちゃんと取ってきたにも関わらず、意外と短く感じる理由はこれで、アクティブに活動できる時間は限られています。

    「せっかくの海外旅行をもっと楽しみたい」という多くの方の声を聞いて生まれたのが、入国直後の空港から直接始まる弊社の観光ツアー「イサオフライトツアー」です。

    空港へお出迎えし、お客様が滞在されるホテルにチェックインされるまで約5時間ほどかけて市内観光をする貸切のツアーで、最大で6名様までご利用可能です。

    ▷空港ターミナルに直接お出迎え!もうホテルまでのアクセスにストレスを感じる必要はありません。
    ▷ホテルまでの移動が観光に!車だからチェックイン時間まで市内を効率よく回れます。
    ▷英語が喋れなくても安心のサポート!ホテルのチェックイン対応は勿論のこと、滞在中のいざという時に日本語対応可能なのはイサオハウスだけ。

    今まで宿泊されたお客様の声を反映し、出来上がったツアーです。興味のある方はぜひ、ぜひ詳細ページをご覧ください。

    荷物預かります!LAX空港迎え付き半日LA市街観光ツアー

    なお、ツアーのお問い合わせはこちらのサイト、もしくはラインからでも問い合わせ可能です。

    一度、足を踏み入れてしまえば、楽しいロサンゼルスですので、ぜひ素晴らしい時間をお過ごしくださいね。

    Related Posts

    Popular Posts