2019/12/17 土地勘がなくても大丈夫。ロス初心者のための宿泊場所の決め方
   
目次

    「どこに泊まったらいいのか分からない」「治安が気になる」「駅からは近いですか」
    ゲストハウスを運営してきて、毎日のように寄せられるこうした質問。土地勘のない方にとって、地図上だけでの情報では分からないことが多すぎます。そこで今回は初心者の方向けにこのエリアで宿を探したらまちがいないよ、という情報をお伝えしたいと思います。

    日本と同じ感覚で宿を決めると危険

    まず、日本と違い、アメリカでは距離を示すのに「km」を使用せず、「mile(マイル)」表記になります。単純にマイルx1.6(例えば、10マイルなら16キロほど)すれば大体の感覚はつかめるわけですが、パッと「空港から30マイルです」と言われてもそれがどれくらいのものなのかは直感でわかりにくいでしょう。

    そして、空港から50km弱とわかったところで、それが日本の、しかも東京などの交通網が整っている場所でと、そうではない場所での50km弱の移動が果たして「近い」のか「遠い」のかは土地勘がない人に判断が難しいです。

    また、移動距離が増えれば増えるほど、治安の悪い場所を通過するリスクも増えてくるわけですから、単純に距離だけの話ではないということもおわかりいただけるかと思います。

    今回はロサンゼルスを初めて訪れるような、現地の土地勘がない方が宿を決める時に特に注意点してほしいことに触れていくので、参考にしていただけたら幸いです。

    「駅から近い」は注意せよ

    日本国内で旅行と言いますと、電車による移動がメインで、宿を考える際に「何線の駅であるか」「最寄りの駅まで徒歩どれくらいか」という要素は非常に重要視されています。

    実際、我々のところにも問い合わせで最寄りの駅の情報を訊かれることが多いくらい、観光客の方にとっては大事な情報です。

    しかし、ロサンゼルスの交通事情は日本と大きく異なり、車は一人一台の日本以上の自動車社会で、普段の移動で電車を全く使わない方がほとんどです。よって、日本のように駅を中心に街づくりが行われることは稀で、駅周辺が栄えているということも必ずしも言えません。むしろ、閑散としているところがほとんどです。

    出来れば乗りたくないLAメトロバスの有効活用法を本気で考えてみた

    なので、日本の駅前のように賑わっていて、を期待して駅近くの宿にこだわっていると思わぬしっぺ返しを受ける結果になり得ません。

    とは言え、車をレンタルしない観光客の方も多いでしょうから、全く駅を利用しないというわけには行きません。ここで大事なのは、「宿が駅から近い」という情報だけで判断しないで、自分の旅行プランを見通して、その最寄りの駅が「自分の旅の拠点」としてのハブになり得るか、よく考えてみることが大事です。

    「駅から近いけど…」の例

    ロサンゼルス郊外に、パサデナという歴史深い街があるのですが、こちらは落ち着いた、割と大きな街ということで宿泊施設も多くあります。

    また、ユニオンステーションからこちらにあるDel Mar Station(デルマー駅)もゴールドラインが通っているのですが、ダウンタウンから電車一本40分ほどで行ける、というとどのように聞こえるでしょうか。

    都内の電車移動でも40分はさほど珍しくないでしょうし、海外旅行ですからそれくらいは許容範囲という方もいるでしょう。しかし、日本の公共交通機関と比べて本数少ないですし、終電の時間も早いですので、この時刻表に合わせて旅をするというのは行動にかなりの制限がかかってしまいます。

    また、地図を見ていただけるとお分かりですが、このパサデナはLAダウンタウンから見て空港とは正反対の距離にあります。帰国便の空港に行く際には、ダウンタウンから行くに比べて2倍の時間はかかります。朝ですと、ダウンタウンに向かう渋滞も考慮する必要があり、何かあってはいけない帰国便のことを考えると、ある程度空港に近い方が安心なのです。

    パサデナ自体は綺麗で非常に素敵な街なのですが、こちらに拠点がある場合、毎回観光地へ出る場合40分かけてユニオンステーションまで一度出なければいけません。観光を終えて、宿に帰る場合も同じようにユニオンステーションから40分かけて帰るわけですから、相当な時間のロスが生まれてしまうのです。

    例えば、夜8時までユニバーサルスタジオで遊んで、そこから帰ろうとすると、ユニオンステーションを経由するときにはちょっと気をつけないといけない時間になってしまいますね。

    パサデナ自体は住環境は素晴らしい街なので、このあたりの労力と天秤にかけた上で総合的に判断した方が良いでしょう。個人的には、ロサンゼルス訪問が初めての方はこの移動を少しでも少ない、より観光地に近いホテルの方が良いです。観光地の宿の方が観光客にも慣れていて、柔軟な対応を期待できるかと思いますよ。

    基本的に観光地は西寄りが多いので、滞在先はあまり東に行かない方が良いかもしれませんね。

    「空港近く」は気をつけよ

    先ほどは空港から離れた宿は注意しよう、と話ししたばかりですが、逆に空港に近すぎるのも問題です。むしろ、できる限り初心者の方は避けた方が良いです。その理由は二つあります。

    まず、空港周りは治安がよくありません。

    空港すぐそばでしたら、有名な高級ホテルが立ち並んでいて、これらでしたら何も問題はないのですが、ここから少し離れたような場所ですと、残念ながらあまり観光客の方にはお勧めできないエリアとなります。「空港から近いし、安くてラッキー」と思えるような宿は避けましょう。

    次に、「アクセスが悪い」ということです。

    空港周りはあまりメジャーな観光スポットがなく、多くの方がダウンタウンやサンタモニカ、ハリウッドなど空港よりも上の場所に行くのですが、そこまでのアクセスがあまりよくありません。

    この件に関しては、過去の記事で空港から主要ホテルまでのアクセス方法で詳しく説明していますが、とにかく空港からダウンタウン方面まで出るのはなかなか大変です。

    入国し、空港からホテルまで向かう時の移動であれば良いですが、これが毎回観光地へ向かう度に繰り返されるようであると、かなりしんどいものとなるでしょう。

    観光地ど真ん中の安宿は危険信号?

    そして、最後に意外な落とし穴として伝えたいものが観光地すぐそばでありながら、一泊$30を切るような安宿です。サンタモニカやビバリーヒルズなどではなかなかない条件ですが、人気観光地ハリウッドではなかなか見かけます。

    $30を切るとなると、まず個室であることは、ほぼあり得ないわけですが、サンタモニカなどの観光都市であってもこの金額ではなかなか考えられません。しかも、「ハリウッドの有名手形から徒歩で数分」なんて言われたら、かなりお得な話に聞こえるのではないでしょうか?

    しかし、これらの宿を検討する際には特に気をつけましょう。常識で考えて、ただでさえ、宿泊費が高騰しているロサンゼルスで、しかも人気観光地ど真ん中に安い値段で提供するにはワケがあります。このことについては、社会問題も絡んでくるので、また違う機会にしっかり説明させていただきたいですが、初心者の方はなるべくこういった条件の滞在先は避けた方が無難です。

    そもそも映画の都市として華やかなイメージの強いハリウッドですが、ものすごく治安が良い場所ではありません。結構、ゴミも散らかっていたりするので、あまり期待しない方が良いです。

    イサオハウスが初心者にお勧めする滞在先ベスト3

    一位:サンタモニカのホテル

    やはり、一位はビーチシティ「サンタモニカ」です。若者の街で、夜中になると酔っ払いも出ますので、ビバリーヒルズなどの高級住宅街に比べると治安の面では劣りますが、常に大勢の人で溢れていて、ある程度の夜中でも行動しやすく、小さなお子様連れにもありがたいエリアです。

    治安だけでなく、海に近いということで美しいサンセットも望めますし、歩いて散歩したくなる環境の良さも加点ポイントです。また、大きな街なので他の観光都市や空港にもアクセスしやすいというのも大事な要素です。

    難点としては、やはり宿の値段が高いです。ビバリーヒルズに比べて、まだリーズナブルな値段ではありますが、一泊2万円は最低でも見ておく必要があり、これが数日となりますとかなりの出費になりますので、唯一と言いますか、最大の難点ではありましょう。

    二位:ダウンタウン周辺の日系のホテル

    次点で、ダウンタウン周辺の日経ホテルや多くの日本人を相手にしてきた大きめのホテルです。イサオハウスもここに当たりますね。なんだかんだで、最も日本人観光客が利用しているのがこのエリアで、リトル東京はじめとした日系コミュニティが広がっていることも日本人にとっては安心のタネです。

    ダウンタウンと言いますと、治安が心配されますが、ブロックによってその様子が様変わりするので、ちゃんと行くべきでない場所や周辺環境を把握し、危機管理をしっかりしていけば、被害に遭うことは稀です。ただ、サンタモニカに比べて、夜周辺を歩き回ることに入念な計画が必要なのはマイナスポイントではあります。

    何よりも、交通機関が集中している場所ですので、どこに行くにも便利なのが最大の特徴、帰りの空港への道のりもそんなに心配する必要はありません。移動がシンプルになればなるほど、トラブルに巻き込まれる可能性が減るとも言えます。

    そして、ここまで来ますと宿の選択肢も大幅に増え、高級なホテルからコスパの良い宿もあります。ロサンゼルスで最も環境と値段のバランスが良いエリアではあるでしょう。

    三位:ウェストLA周辺のホテル

    最後に穴場なのが、サンタモニカより少し東のWest LA周辺のエリア宿です。ここには西日本屈指の名門大学UCLAがあるので、治安も良いですし、歩いていて楽しいおしゃれなお店も多くあるのが大きいでしょう。

    特にこれが悪いという点はないのですが、ダウンタウン周辺に比べて宿泊費が高いこと。そして、違う観光地へ行く際の交通の面でちょっと中途半端な位置にあるので、少し余計な負担がかかる可能性があります。

    昔、この辺りに住んでいたので思い入れのある好きな街ではあるのですが、とにかく交通量がすごいので、車をレンタルする予定の人は選ばない方が良いかもしれないですね。

    まとめ:線で考えよう

    形式上、順位をつけてしまいましたが、この3つのエリアの方を中心に宿探しをすれば、きっと良い場所が見つかるはずです。人それぞれに旅の予定が異なりますので、「ここがベスト」と言い切るのは難しいですが、それぞれの予定と予算に照らし合わせて考えれば、あなたの旅に適した滞在先を見つけることは難しいことではありません。

    そのために、まずは旅全体の予定を見通し、必ず行きたい場所としたいことをリストアップしましょう。そこまでの位置関係やアクセスを踏まえた「線」で考えることで、どこに滞在すべきかは自ずと出てくるはずです。

    もちろん、早めに宿を抑えることが大事で、時間が経てば経つほど、選択肢は減っていくことにも注意しましょう。また、上記のおすすめエリアであっても詐欺のようなあくどいビジネスをしている宿もありますので、レビューなどを参考にすることも大事です。

    全てのお客様に当ゲストハウスの部屋を提供できたら良いのですが、部屋数が限られていますので、止むを得ず断りの連絡をするときは毎回心が痛みます。その場合、ホテル探しのお手伝いや、既に予約した宿のチェックもいたしますので、お気軽にラインなどからいつもお問い合わせください。

    大事なことなので長くなりましたが、旅で最も大事な拠点となる宿探しは慎重に行ってくださいね。

    Related Posts

    Popular Posts